気になる目の下のくま…青、黒、茶。種類ごとの改善法とは!

今回は、目の下のくまについてお話したいと思います。

くまがあるだけで、老けて見えるし、どっと疲れた肌にも見えます。寝不足の時以外にも出るくまって、種類があるんですよね。その種類別に改善法を探ってみました。

 

くまの種類と改善法

くまにはどのようなものがあるのでしょうか。くまには、大きく分けて3種類あります。

①青ぐま

目の周りは、目を動かすために血液が集まっているところです。目が疲れたりすると、血液が淀んだ状態になり、まぶたの皮膚を通して、すけてみえることがあります。これを、青クマと言っています。これは、肌の白い人や冷え症の人に多いと
いわれています。

改善法

皮膚の薄さを改善するために、コラーゲンをます手入れをします。すなわち、ビタミンC誘導体、レチノールをふくむ商品でのお手入れをすることです。

②黒グマ

下まぶたの薄い皮膚がだんだん、薄く弱くなっていきます。そうすると、そこが眼窩脂肪を支えられなくなって、前に出てきます。これが黒グマです。むくみが加わるとさらに悪化します。これは、いわゆる、皮膚のたるみが原因です。これも、コラーゲンの不足によるものですから、①と同じコラーゲンを増やす対策をとりましょう。

③茶グマ

目の下に小さいシミができ、これをこすったりして、まぶたの角質が厚くなるとできるクマのことです。シミはメラニン色素ですから、シミに対するお手入れが必要となります。
シミはできてしまっては、レーザー治療などでないと治りにくいものです。ですので、徹底した予防を心がけましょう。日焼け止めを塗る、日傘や帽子をかぶる、美白成分の入った化粧品を使うなどです。

美白成分の入った化粧品は、メラニン色素の造られる際に、肌の中で起こる反応を抑えるものです。ですので一度できてしまったメラニン色素を分解するわけではなく、これからできるシミを予防するというものになるのです。
美白成分には色々あります。厚生労働省が医薬部外品もあります。いくつかのものを実際に自分で試してみて選ぶのが一番確実でしょう。

(注意・ここでいうところの、美白効果では、皮膚の黄色みなどメラニン以外の原因のものには効きません。)

 

くまよりもやっかいなシミにはどう対策すれば

目元のくまはやっかいですが、それ以上にやっかいなのが、長年のつみかさねによりできてしまったシミです。

シミも、くまとおなじく年齢を感じさせてしまうものですよね。

シミ対策には専用のスキンケアを使うことがおすすめ。最近私が注目しているのが、人気の自然派化粧品チュラコスから発売されているちゅらかなさです。

このサイトのちゅらかなさの口コミでもわかるとおり、なかなかシミ対策によさそうです。改善と予防が1本でできるという点も人気の理由だとか。

シミ対策のスキンケアって高額なものが多いですが、その点ちゅらかなさはリーズナブルです。お試しもしやすそうなのでおすすめです。

スキンケアの基本を考えよう!~肌の老化予防と乾燥について~

今回は、「スキンケアの基本」肌の老化予防と乾燥についてお話したいと思います。肌が衰えてきたことを自覚するのは(個人差はありますが)、一般的に40歳くらいからと言われています。しかし実際には、生まれた瞬間から老化がスタートしています。

肌の老化の原因について

1活性酸素
人は呼吸をしてエネルギーを得ていますが、この時に必ず活性酸素がでます。この活性酸素が肌をさびさせる原因の
1つ目です。さらに、たばこ、ストレスにより活性酸素が増えます。

2肌成分の変化および、ターンオーバーの低下
年齢を重ねることで、肌の表面や内部に変化が起こり、水分量・油分量が減少します。また、女性ホルモンの低下により、コラーゲンが減り、しわ・たるみが出てきます。また、年々ターンオーバーも低下するため、シミが消えにくくなったり、ニキビが治りにくくなります。

3間違ったスキンケアや生活習慣
外的な刺激である紫外線や、間違ったスキンケアによってダメージが加わり、一層肌へのダメージがおこり、老化が進みます。毎日、小さなダメージが積み重なっていきます。紫外線によってシミができ、真皮にはしわを作ります。
また、肌の乾燥によって、肌のバリア機能が崩れ、ダメージを受けやすくなり、老化を早めます。また、ストレスやダイエットも悪影響を与えます。

老化防止の方法は守りと攻めのお手入れを

1守りのお手入れ
守りのお手入れとは、「紫外線を防ぐ」「肌に栄養を与える」です。「紫外線を防ぐ」には、一年中通して、日焼け止め化粧品を塗りましょう。日焼け止め化粧品の上にはパウダーファンデーションを重ねましょう。「肌に栄養を与える」にはシミをできにくくするために、海や山へ行く予定があれば、その2週間前からビタミンCを摂りましょう。

2攻めのお手入れ
攻めのお手入れとは、ピーリングなどで、肌の角質を取り、代謝を高める方法です。これにより、肌の若返りを早めるというものです。また、レチノールを含んだ化粧品使いしわを予防します。

 

肌の乾燥について

1肌の乾燥の仕組み
肌はどのようにして乾燥するのでしょうか。肌の中には保湿成分というものが含まれていて、乾燥から肌を守っていますが、保湿成分を作る働きが低下すると肌が乾燥してしまいます。

2肌を乾燥から守る仕組みとは
肌を守る成分の一つが、セラミドという脂質の一種です。この、保湿成分が正常に働かなくなって、水分が異常に低下したのが乾燥肌です。肌が乾燥すると、角質のバリア機能が失われてしまいます。そのため、それを補おうとして角質層はより厚くなってしまいます。
この際に急いで角質層を作ろうとしても間に合わず、未熟な角質細胞ができてしまいます。通常は28日かけて行われるこうした角化が不十分だとより肌に悪い影響を与えてしまいます。

肌の乾燥を守る方法とは

1乾燥肌に必要なのは、保湿することです。保湿とは「湿度を保つこと」です。では、どのようにすればいいのでしょうか。
セラミドを多く含む化粧品・ヒアルロン酸・コラーゲンを多く含む化粧品を使いましょう。これらの化粧品は肌の中に水分を挟み込んだり、水分を抱え込むなどの効果を期待することができます。また、吸湿性のあるNMF成分やPGなど、油分を含むものをとりいれ、保湿の効果を高めましょう

2固まるタイプの保湿パックをしましょう
固まるタイプの保湿パックは肌を密閉して表面からの水分蒸発を防ぎます。冬場には、週に二度ほど行うと効果的です。

3リキッドやクリームファンデーションは肌への刺激が強いため、乾きが気になるときにはパウダーファンデーションを使いましょう。ただし、パウダ―ファンデーションの粉が水分を吸収する性質があるので、しっかりと美容液やクリームで保湿
してから用いましょう。

4かさつく唇には、リップクリームを塗ってから、敏感肌用の口紅をつけましょう。リップグロスは刺激が強いので避けたほうが無難です。

↓エイジングケアで注目の新商品「ちゅらかなさ」について
>>口コミで話題沸騰!ちゅらかなさ【最安値】公式キャンペーン!

どっちがいい?まつ毛パーマorまつ毛エクステ!メリットとデメリット

以前は、欧米人がはじめて化粧品を買うのがマスカラで、日本人は口紅と言われていましたが、最近になって、目元のおしゃれが一番の注目は点になってきました。

なかでもまつ毛がおこす「変化」はかなりの劇的さで、おのずとまつ毛パーマやまつ毛エクステにも注目が集まるというものですね。

それぞれのメリットとデメリットをあげてみましょう。

まつ毛エクステのメリットとデメリット

メリット

①まるで、自分のまつ毛のよう自然な仕上がりを望むことができます。他人から見たら(特に男性)わからない人が多い見たいです。
もちろんまつ毛エクステしている女性にはわかる可能性が大きいですが・・・

②メイクアップがにがてな人もお手入れ簡単。毎日、専用のまつげ美容液を塗るだけです。手間のかかるビューラーやマスカラなどをぬる手間がありません。

 

デメリット

①料金が高額です。サロンにもよりますが、1万円前後のところが多いです。安いところは数千円からあります。

②サロンの技術の差が大きいです。サロンはいろいろなエステティシャンがいます。サロンによっても技術は差があり同じ店でも技術的な差はかなりあります。

③繊細でとれやすいです。まつ毛エクステは、特殊な接着剤でまつ毛を付けていくので、摩擦や熱、油に弱くこすったり、メイク後にクレンジングをしたりしたらとれる可能性が高いです。

 

まつ毛パーマのメリットとデメリット

メリット

①まつ毛パーマをかけると、毎朝ビューラーで必死にまつ毛をあげる事がなくなります。ビューラーでまぶたをはさんだり、うまく上がらなくて時間がかかることがないのでとても手軽にまつ毛のメイクができます。

デメリット

①まつげエクステに比べて、まつがが増えることはないのです。まつ毛のカール感のみ味わうことができます。

 

まつげエクステにしても、まつ毛パーマにしても特長をよく知り、自分に合った方法をとりいれるようにしましょう。