片頭痛がつらい!即効性のある治し方はないの?

片頭痛(ヘンヅツウ)の特徴とは

頭の横側の片方が痛む病気です。痛みは激しくズキズキするのが特徴です。おう吐を伴うこともあります。
片頭痛の原因は、「セロトニン物質」が関与しているという説が有力です。
過度のストレス、環境の変化、月経等が原因となりセロトニンが誘発されているのではないかと考えられています。

 

片頭痛の応急処置について

応急処置としては、冷やすことです。冷やすことで血管の収縮がおき、痛みが軽減されるのです。
加えてアロマによる片頭痛の軽減法をご紹介しましょう。

1アロマをかぐ

①ラベンダー、ペパーミントを各2滴をティッシュに含ませます。
②大きな呼吸をゆっくりしましょう。

2アロママッサージ

①バジルとローズマリーを2滴ほどづつアロマ用オイルに溶かします。
②①で作ったオイルを、両方のこめかみ、首の付け根などにぬって軽くマッサージしましょう。
③足の指に丁寧に①のオイルを塗布しながら1本ずつほぐしてきましょう。
そのあと、乾いたタオルでオイルを拭き取っておきます。

3アロマでケア

①洗面器に水を貼り、ローズマリーか、ラベンダーかお好みの方オイルを選び、かき混ぜます。
②①にタオルをつけ、絞ります。
③②のタオルで、目、額、首等を冷やし、何度かタオルをとり替えます。

 

片頭痛の予防の手入れについて

ここでご紹介するものは、片頭痛を持っているけれども、今は痛みが治まっているという時に行うマッサージをご紹介します。

①椅子に深く腰掛け、肩の力を抜き肩をおろします。
②両方の腕を曲げ、頭の横側に当てます。
この時、手のひらの付け根を両方のこめかみからすこし、上に上がったあたりをつけるようにしましょう。
③かるくおさえながら、頭のてっぺんに向かってマッサージしていきます。これを5回行いましょう。

いかがでしょうか。ここでは、速攻性のある応急処置と、予防法をご紹介しました。また、頭痛が長引く時や、耐えきれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です